周りの理解が重要産後うつの対策とは

産後の辛い症状と向き合う

看護師

症状に悩まないためには

女性が妊娠・出産をすることで、今までの生活が大きく変わってきます。新生児が誕生するのですから、しばらくは育児を中心に生活を送っていかなければいけません。初めての育児の場合は戸惑う場合も多く、家族のサポートがあまり受けられない状態だとさらに毎日が辛くなってしまうでしょう。このような環境の中で、産後の女性たちの一部が産後うつを起こしてしまうようになります。産後うつは育児や家事の負担から気分が不安定になってしまい、現状や将来への楽しみを感じなくなる状態です。症状は人それぞれですが、出産後から2〜3ヶ月以内に発症してしまう場合が目立ち、症状が1年以上続く人もいるでしょう。産後うつの症状でよく見られる例は、極端な気分の落ち込みやメイクやオシャレをする気になれないなどが挙げられます。体にも症状があらわれるようになり、食欲や性欲に睡眠欲の低下や体のだるさなどです。こういう状態がしばらく続いてしまうので、医学的に見ればとても危険な状態です。産後うつになりやすい人にはある特徴があり、完璧主義で責任感の強い人が知らず知らずに自分を追い込んでしまうようになってしまうのです。完璧なまでの全てを追い込んでしまうと、うつ病のような症状がやがて出始め、女性ホルモンの乱れも影響し、症状が強くなってしまいます。また、配偶者や女性の親などから育児のサポートが得られない場合も、家庭で孤立しやすくなり、産後うつを発症してしまう傾向が強いです。産後うつの症状を少しでも抑えていくには、専門的な治療を受けることで心や体が楽になっていきます。うつ病の症状が出ているため、精神科や心療内科で治療を受けなければ辛い状態が長引いてしまうでしょう。産後うつの状態はなかなかやる気も起きにくく、前向きな考え方も難しいですが、頑張って動かなければ何も変わりません。

治療の大切さ

産後うつを発症してしまう原因は、産後の女性の負担がピークになることで、ストレスが増加して脳の神経伝達物質に影響が出てしまうようになります。一部の神経伝達物質は感情のバランスを上手く保つ働きをするため、これが乱れてしまうと精神や体が不安定な状態になってしまうのです。症状を治すには、治療で神経伝達物質のバランスを正常に戻していきます。抗うつ剤などの投薬で症状が次第に治まってくるようになるため、病院で治療を受けるのはとても重要です。産後うつを発症してしまう人は近年増えており、深刻な状況に追い込まれてしまうこともあるため問題になっています。まずは発症をさせない予防も大切ですが、発症後の取り組みも今後を左右してしまいます。症状が辛いのなら我慢する必要もなく、早めに病院で治療を受けるのが安心です。病院では産後うつでも積極的に受け入れているので、ここに通う産後の女性も少なくありません。育児をしながら負担のない治療が受けられる体制となっているため、バランスよく両立することができるでしょう。治療とともに負担のない生活を目指していくのも大切で、こういうアドバイスも行ってくれることから信頼のおける治療となっています。産後うつを発症してしまっても自分を責めようとはせず、家族に理解を求めていく姿勢も必要です。そして治療を検討するようにすれば、今後の状態も少しずついい方向へ変えていけるでしょう。母親が元気になれることで、家族全員も明るくなり、何より赤ちゃんにとって本当の意味で愛情深い健康的な生活を目指していけます。

出産前後の心の準備

考える女の人

様々な症状がある産後うつですが、予防法は産後うつに対する知識を持つ事です。症状とは、ママが精神的不安定になり感情のコントロールを失ってしまうものです。予防するためにはママの精神的不安や肉体的負担を取り除く、もしくは軽減する事が必要です。もし産後うつになった場合は精神科か心療内科に行く必要があります。

詳しくはコチラ

一人で悩まないでください

カウンセリング

産後はホルモンバランスの劇的な変化や睡眠不足などが重なり、とても体調を崩しやすい時期です。産後うつの症状や接し方を周囲の人が理解して、家事や育児などを助けるのがとても重要です。悩みや困ったことは一人で抱え込まず、誰かにはなしを聞いてもらうだけでも、産後うつの予防になります。

詳しくはコチラ

産後と育児の精神的病

女性

産後うつは誰もがかかる病気で、現代では数多くかかっている人が存在します。産後うつにかかる人の多くは自分がだめな母親だと責める人で責任感が強くあります。育児は母親だけが行なうものではなく夫婦で行なうものだということを知る必要があります。

詳しくはコチラ